FAQ

福島第1原発作業員の感染相次ぐ 東電「気の緩み」に注意喚起

 東京電力福島第1原発の廃炉に関わる作業員の新型コロナウイルス感染が相次いでいる。多くは県外との往来や外食などが感染要因とみられる。感染者が増え続ければ作業に影響を及ぼしかねない。東電は「気の緩み」が目立つとして注意喚起に躍起となっている。

 東電によると、第1原発の廃炉作業には現在、1日約4000人…

残り 263文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る