阿武急運転士が乗務中にスマホ操作 動画投稿サイトで発覚

 第三セクター鉄道の阿武隈急行(福島県伊達市)は4日、男性運転士が乗務中に私物のスマートフォンを操作していたと発表した。運転席でスマホを操作している様子が動画投稿サイトで公開されていると、1日に同社へ通報があった。運転士を乗務から外しており、今後処分を検討する。

 同社によると運転士は7月24日午後7時ごろ、岡駅(宮城県角田市)に停車中、上り列車の運転席で着信履歴を確認するためにスマホを操作した。発車直後も数秒ほどスマホを見ている状態だったという。

 同社は乗務中はスマホの電源を切るよう定めている。同社は「深くおわび申し上げます。事態を重く受け止め、再発防止に努めます」とコメントした。東北運輸局にも2日に報告した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る