大輪のヒマワリ、丘一面に広がる

黄金色に染まった丘を背に記念撮影する家族連れ=2日

 宮城県大崎市三本木斉田のひまわりの丘で6ヘクタールに植えられたヒマワリ約42万本が見頃を迎えた。晴天となった2日、来場者は黄色に染まった散策路を歩き、記念撮影をして夏のひとときを過ごした。

 3日現在、丘を南北に横切る市道の東側が満開で、種まきの時期を遅らせた西側は三分咲き。売店では16日まで、特産品を販売する「ひまわりまつり」(実行委員会主催)を開く。

 名取市の会社員庄司光さん(33)は「妻の希望で娘2人を連れて初めて来ました。予想以上に見応えがありますね」と話した。

 午前9時~午後5時。駐車場は普通車500円、大型車2000円。連絡先は市三本木振興公社0229(52)6232。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る