【動画】希望の花火、仙台を照らす 5カ所で七夕まつり前夜祭

市内5カ所で行われた「仙台七夕花火祭」

 仙台七夕まつり(6~8日)の前夜祭「第52回仙台七夕花火祭」が5日夜、仙台市青葉区川内追廻など市内5カ所で開かれた。観客の密集を防ぐため時間や場所は非公表。新型コロナウイルス感染拡大に沈む仙台を少しでも明るくしようと夜空を照らした。

 「笑顔 未来を灯(とも)し、より豊かになる仙台(まち)へ」をテーマに、各区ごとの会場で午後7時半から順次約5分、計475発を打ち上げた。締めくくりの青葉区では、ハートや七夕飾りなどを描いた175発の花火で彩った。

 各会場の様子はインターネット上でライブ配信された。主催した仙台青年会議所の斎藤恵太特別委員長(40)は「今年は観客の顔が見えなかったが、画面の向こうには笑顔が広がったのではないか」と話した。

夜空を彩る鮮やかな大輪=5日午後7時45分ごろ、仙台市青葉区川内の仙台城跡から市街地を望む
仙台の夜空を大輪の花火が彩った=5日午後7時40分ごろ、仙台市青葉区川内の仙台城跡から市街地を望む
仙台の夜空を大輪の花火が彩った=5日午後7時45分ごろ、仙台市青葉区川内の仙台城跡から市街地を望む
仙台の夜空を大輪の花火が彩った=5日午後7時45分ごろ、仙台市青葉区川内の仙台城跡から市街地を望む
仙台の夜空を大輪の花火が彩った=5日午後7時50分ごろ、仙台市青葉区川内の仙台城跡から市街地を望む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る