七夕飾り、国超えて 仙台の留学生ら製作

汗ばむ暑さの中で飾り付けをする東北学院大の留学生ら=5日

 仙台七夕まつり(6~8日)の期間中、東北学院大と東北大の学生と留学生が作った七夕飾りが、仙台市若林区の荒町商店街を彩る。伝統的な飾りをはじめ、各国の旗や花をデザインした吹き流しの製作を通して、地域の文化への理解を深めている。

 開幕を翌日に控えた5日午前、商店街近くの「元気広場」に東北学院大生13人が集まった。30度を超える暑さの中、汗を拭いながら青竹2本に黄、青、ピンクなど色鮮やかな飾りを取り付けていった。

 同大は3年前から、教員や学生が商店街の祭りなどに関わってきた。新型コロナウイルス禍の今回、伝統文化に親しんでもらおうと留学生にも呼び掛けた。7月の製作体験にも参加した中国出身の経済学部2年張昊さん(21)は「日本の友人と交流できてうれしい」と笑顔で話した。

 東北大では、地域の伝統文化を学ぶ授業をきっかけに、荒町商店街との交流が始まった。今年はコロナ禍で来日できない留学生5人を含む12人が、オンラインも活用して飾り作りに挑戦。フランスのアイリス、インドネシアのジャスミンなど、各国を象徴する花をかたどった折り紙の花や、吹き流しに付ける電飾といった趣向を凝らした飾りを施す。

 製作の様子を伝える授業をフランスから受講したエヴァ・ロッツさん(23)は「日本の伝統的な祭りを知ることができて面白い。今年は残念だが、次回は参加したい」と話した。

 電飾を作った工学部2年の幅凪裕さん(19)は「密にならないために、日が落ちた時間帯でも眺められる飾りを考えた」と製作の狙いを語った。

 荒町商店街振興組合の佐藤隆俊理事長は「今まで七夕飾りを作ったことのない学生たちが、街の伝統に触れてくれてうれしい」と語った。

オンラインも活用して七夕飾りを完成させた東北大生=5日、仙台市青葉区の東北大川内キャンパス(写真撮影時のみマスクを外しました)
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る