七夕飾り、国超えて 仙台の留学生ら製作

 仙台七夕まつり(6~8日)の期間中、東北学院大と東北大の学生と留学生が作った七夕飾りが、仙台市若林区の荒町商店街を彩る。伝統的な飾りをはじめ、各国の旗や花をデザインした吹き流しの製作を通して、地域の文化への理解を深めている。

 開幕を翌日に控えた5日午前、商店街近くの「元気広場」に東北学院大生13人…

残り 556文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ