救急車がブロック塀に接触、病院到着9分遅れる 搬送の男性死亡

 秋田県横手市消防本部は7日、同市平鹿町の50代男性を救急搬送した際、救急車がブロック塀に接触して病院への到着が9分遅れたと発表した。男性は頭痛などを訴えていたが病院で心肺停止の状態となり、死亡が確認された。医師からは「遅れによる影響はない」と伝えられたという。

 消防本部によると、7日午前0時55分ごろ、市消防署平鹿分署の20代の男性副士長が救急車を運転して男性宅から方向転換をした際、誤って高さ約70センチのブロック塀に左側のスライドドアを接触させた。接触箇所の確認や警察への連絡などに時間を要し、市内の病院には約25分後に到着した。

 消防本部総務課は「救急出動中に事故を起こし、深くおわびする。安全運転の教育を徹底して再発防止を図る」との談話を出した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る