仙台市バスが「脱帽運行」 コロナ下、運転手の熱中症を予防

 仙台市交通局は市バス乗務員の熱中症を防ごうと、制帽を脱いで運転する「脱帽運行」を初めて認め、6日に導入した。新型コロナウイルス対策として、マスク着用や車内換気を徹底するために、体温が上がりやすかった乗務員の労働環境を改善する。9月末まで。

 運転席は窓ガラスに囲まれて直射日光が入ってきやすく、乗客と…

残り 264文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ