閉じる

どう継承? 杜の都の夏の風物詩 「七夕師」の育成望む声も

 8日に幕を閉じた仙台七夕まつり。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、感染防止対策を取りながら2年ぶりの開催にこぎ着けた。来年以降はコロナ禍前の規模を目指すが、経営不振や空き店舗の増加で、まつりを支える「仙台商人」の足元は揺らぐ。「『七夕師』を育てて」「若い世代の知恵を」。杜の都の夏の風物詩をど…

残り 849文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ