FAQ

不登校の子の居場所に 宮城県が「学び支援教室」導入

 宮城県は本年度、不登校の子どもを専用の教室で受け入れる「学び支援教室」を本格導入した。教室に行きづらさを覚える児童生徒に、より専門的な教員を配置し、学びの環境を整える。
(生活文化部・浅井哲朗)

一緒にゲーム 緊張ほぐして人間関係づくり

 昨年度開設された多賀城市城南小の「ほっとルーム」。2~6年の5人…

残り 1713文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。


企画特集

先頭に戻る