不登校の子の居場所に 宮城県が「学び支援教室」導入

多賀城市の小中学校の不登校担当者数名が集まった事例検討会。学校の枠を超え、個別ケースの対応に知恵を絞る(内容は非公開)=多賀城市役所
2/3
河北新報のメルマガ登録はこちら
+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。


企画特集

先頭に戻る