宮城全域、20日から時短営業 仙台以外は7時まで酒の提供可

 新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が再適用される宮城県は18日、対策本部会議を県庁で開き、県内の全飲食店に午後8時までの時短営業を要請することを決めた。重点措置の対象地域となる仙台市内では全飲食店に酒類の終日提供停止、延べ床面積1000平方メートルを超える商業、遊興施設などに午後8時までの時短営業をそれぞれ要請する。いずれも重点措置期間中の20日から9月12日まで。

重点措置が再適用される仙台市の商店街。夕方は家路に就く人で混雑する=18日午後6時15分ごろ、仙台市青葉区一番町3丁目

 県が独自制度で感染対策を認証した飲食店も時短要請の対象で、通常営業不可とする。仙台市以外の飲食店では、酒類提供を午後7時まで認める。要請に応じない仙台市内の飲食店には、コロナ対応の特別措置法に基づく命令や行政罰の過料(20万円以下)を科す。

 要請に全面的に応じた飲食店には協力金を支給する。金額は2019年度または20年度の売上高に基づいて算出し、重点措置対象地域の仙台市では1日当たり3万~10万円、仙台市以外では2万5000~7万5000円(大企業など一定の条件で最大20万円)。

 仙台市内の延べ床面積1000平方メートルを超える大規模商業施設や賃借するテナント事業者、運動施設、遊興施設などには、面積と午後8時以降の短縮時間に基づき算出した協力金を支払う。ネットカフェなど夜間の長時間滞在が見込まれる施設は要請対象外。

 県内でのプロスポーツ、コンサートなどの大型イベントの観客数は、上限を一律5000人に設定。映画館の営業、プロ野球やJリーグの試合は午後9時までとする。

 県内全域の商業、遊興施設などにも午後8時までの時短営業に協力するよう任意で求める。仙台市内の百貨店などの地下食品売り場には、入場者に一定の制限をかけるよう依頼する。

 県立学校の部活動は原則校内のみとし、他校との練習試合や交流試合は自粛とする。夏休み明けの授業は予定通り行われる見通し。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る