村井氏、5選出馬へ 宮城知事選 9月定例会で表明

村井嘉浩氏

 11月20日に任期満了を迎える宮城県知事選で、村井嘉浩知事(61)が5選を目指して立候補する意思を固めたことが19日、関係者への取材で分かった。9月1日開会の県議会9月定例会の本会議で正式表明する見通し。5期目に挑む宮城県知事は、5期20年(1969~89年)務めた故山本壮一郎氏以来。同日選の可能性が残る次期衆院選と絡み合い、各政党は秋の2大決戦の準備を本格化させる。

 関係者によると、村井氏は20日、出身母体である自民党の県議会会派に意向を伝える見込み。他会派には9月定例会の開会日に報告するとみられる。既に政策集の取りまとめやビラ作りなどに着手したという。

 4期目の最終年を迎えた村井氏は、発生から10年5カ月が経過した東日本大震災の「ポスト復興」、4月に始まった県の総合計画「新・宮城の将来ビジョン」で新たな柱に掲げた子育て支援策の充実などに強い意欲を示してきた。新型コロナウイルス禍で地域が疲弊する中、感染症対策とともに「ポストコロナ」を見据えた経済対策に取り組む構想とみられる。

 村井氏は大阪府豊中市出身、防衛大学校(理工学専攻)卒。陸上自衛隊東北方面航空隊を経て松下政経塾に入り、1995年の宮城県議選で初当選。自民県連幹事長を務めた。

 県議3期目途中の2005年、知事選に自民推薦で立候補し初当選。前回17年の知事選では、過去最多の82万5460票を得て4選を果たした。

 知事選に立候補を表明した人は現時点でいない。立憲民主党は衆院選を優先し、知事選の具体的な対応はこれから。共産党は野党統一候補も視野に、独自候補の擁立に動く構えを見せる。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る