FAQ

子どものコロナ感染、家庭内が最多 東北大・押谷教授ら調査

 新型コロナウイルスに感染した20歳未満の子ども(小児)は家庭外での感染拡大に与える影響が小さいことが、東北大大学院医学系研究科の押谷仁教授(ウイルス学)らの調査で分かった。小児の場合、本人の感染と他人にうつす二次感染の両方が家庭内で最も多く起きており、一斉休校など既存の対策の有効性に一石を投じる結…

残り 424文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る