子どものコロナ感染、家庭内が最多 東北大・押谷教授ら調査

 新型コロナウイルスに感染した20歳未満の子ども(小児)は家庭外での感染拡大に与える影響が小さいことが、東北大大学院医学系研究科の押谷仁教授(ウイルス学)らの調査で分かった。小児の場合、本人の感染と他人にうつす二次感染の両方が家庭内で最も多く起きており、一斉休校など既存の対策の有効性に一石を投じる結果となった。

 国内で2020年10月末までに報告された新型コロナの小児患者約7700人を対象に、過去に感染者と接触した環境と、二次感染を起こした環境をそれぞれ調べた。その結果、感染者との接触環境は家庭内が32%と最も多く、保育園・幼稚園・学校での接触は5%未満だった。

 二次感染は小児患者全体の10%が起こしていた。年齢が進むと二次感染を起こす割合が高くなり、小学生に比べて中学生は2・7倍、高校生は2・1倍に上った。二次感染を起こした環境は家庭内が全体の26%と最多の一方、保育園・幼稚園・学校は6%にとどまった。

 インフルエンザの場合は小児患者の本人感染と二次感染が多く、地域内流行の原因となっているため、休校措置が感染拡大防止に有効とされる。

 家族間など家庭内での感染が多いコロナ小児患者について、押谷教授は「新型コロナの流行に果たす役割は限定的と考えられる。昨春行われたような一斉休校の導入は、有効性を慎重に判断する必要がある」と指摘する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る