時間外など577万円不正受給 大河原町委託のNPO、給与規定改ざん

大河原町役場

 宮城県大河原町教委から町総合体育館の運営を委託されているNPO法人「大河原町スポーツ振興アカデミー」の職員給与規定が改ざんされた問題で、町と町教委は20日、町議会全員協議会で、法人に対し実施した調査結果を報告した。改ざんに関わった事務局長と業務管理課長(当時)の管理職2人が時間外勤務手当など計577万円を不正に受給していたことを明らかにした。

 町教委などは法人に対し、不正受給分の返還に加え、関与した事務局長と管理監督責任として理事長の処分、業務改善計画の作成などを求めた。

 町教委によると、給与規定の改ざん時期が2020年2月ごろだったことも分かった。事務局長は調査に、改ざんの理由について「時間外手当を受給するためで、副理事長(当時)も理事会に諮らなくてもいいと考えていた」と回答した。従来の規定では、事務局長と業務管理課長に時間外手当の受給はできないことになっていた。

 不正受給の金額は、事務局長が18年度~20年度分の441万円、課長は18、19両年度分の136万円。事務局長は時間外手当のほか、給与規定に定められていないのに、勝手に昇給するなどして割り増しの給与や期末勤勉手当を受け取っていた。業務管理課長は既に退職している。

 法人の遠藤誠二理事長が改ざんに気付いたのは21年6月で、事務局長の不正昇給も知らなかったという。

 鈴木洋教育長は「役場などで同様の不祥事が起きた場合、職員は懲戒免職など厳しい処分になる。トップの責任も重大。最終的に判断するのは法人だが、社会通念を考慮した処分にならなければならないと思う」と話した。町の21年度の法人への委託料は6251万円に上る。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る