新型コロナ 青森・岩手・秋田・山形の感染者(23日)

青森25人

 青森県などは23日、10歳未満から80歳以上を含む男女25人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は八戸市13人、青森市5人など。県内の感染確認は計3627人。23日現在の入院者数は過去最多の113人となった。

岩手3人

 岩手県は23日、20代男性と50代男女の3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は花巻市、宮古保健所管内、洋野町が各1人。県内の感染確認は計2701人となった。

秋田22人

 秋田県と秋田市は23日、10歳未満~60代の男女21人と年代性別非公表1人の計22人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計1413人。

 保健所管内別の内訳は秋田市12人、由利本荘9人、秋田中央(潟上市)1人。秋田市の5人は県央部の大学に通う学生。複数回会食し、計7人のクラスターと認定された。

山形32人

 山形県と山形市は23日、幼児から80代までの男女32人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は酒田市7人、鶴岡市と川西、高畠両町で各3人、山形、南陽両市と河北町で各2人など。県内の感染確認は計2899人。

 酒田南高(酒田市)の運動部で生徒5人の感染が判明し、県はクラスター発生と公表。「L452R」変異株は新たに2件確認され、計249件となった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る