モデルナ製ワクチンに異物 仙台の大規模会場で約3万回分の在庫 全て未使用

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が見つかった問題で、宮城県は26日、仙台市の大規模接種会場で、対象のロット番号の在庫が約3万回分見つかったと発表した。全て未使用で、今後も使用しない。

 東北大と県、仙台市がJR仙台駅東口のビルに設置した大規模接種会場では、モデルナ製ワクチンを使用している。県によると、三つある対象のロット番号のうち一つで、接種約3万回分の在庫が確認された。

 県は代替品の早期納入を国に要請する。現行の接種計画に変更はないという。

 村井嘉浩知事は同日の対策本部会議後の記者会見で、「既に接種した人は全く問題ない。安心してほしい」と述べ、今後は目視での確認を徹底する考えを示した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る