閉じる

震災がつないだ縁、いまも NPO事務所修繕に全国から寄付金

 宮城県内で最大震度6強を観測した2月の地震で、山元町で障害者の就労支援を行うNPO法人ポラリスの事務所兼作業場が被災した。東日本大震災の被災地支援が縁でつながりのあった東京の建築士がすぐに駆け付けて修繕プランを提案してくれたほか、全国から費用の大半を賄えるほどの寄付金が寄せられた。工事は8月末に完…

残り 795文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ