<いぎなり仙台>まちかどブラ昭和 健康館デイサービスセンター(宮城県松島町)東北線の旧駅舎内部を改装/三角屋根 人集まる拠点

松島駅舎の面影を残す町健康館デイサービスセンター
施設の裏側にある線路跡の道路

 宮城県松島町の初原地区にある町健康館デイサービスセンターは、JR東北線の旧松島駅舎だ。木造平屋で膨らみのある三角屋根が当時の姿をしのばせる。
 かつて東北線の利府-品井沼駅間は山側を抜けるルートだった。旧駅舎周辺には商店や映画館、ホテルが立ち並んでいたという。
 近くの会社員山村広勝さん(78)は「列車に乗るのが小さな頃の楽しみだった。汽車は急な坂を苦労して上っていた」と振り返る。
 海沿いを走る現在のルートは、急勾配を避けて輸送力を増強するため1944(昭和19)年に開業。山側ルートは62年、現在の松島駅の誕生を機に廃止された。
 旧駅舎は町国民健康保険診療所などとして使われた後、町が内部を改装し、健康館とした。施設の裏にあった線路の跡地は道路として使われている。
 運営管理者の富樫美恵子さん(58)は「センター利用者は70~90代で駅舎を使っていた人も多い。年に何人かの鉄道ファンが写真を撮影しに来る」と話す。駅は廃止後もかつてのように人が集まる拠点となっている。(高橋公彦)

[メモ]JR東北線の山側ルートは1890年に開業した。旧松島駅舎は明治初期ごろに建設されたとされる。松島町健康館デイサービスセンターは新型コロナウイルス感染拡大を受け、施設内部の見学を受け入れていない。松島町初原岩清水1の1。

河北新報のメルマガ登録はこちら
いぎなり仙台

 記者が気になる仙台圏のお薦めスポットやグルメ、話題をテーマごとに紹介するシリーズ。東北一の歓楽街・国分町での体験など、感じるままにルポします。

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る