15~24歳の1回目接種率20%台 宮城県、早期予約を呼び掛け

 宮城県内の15~24歳の新型コロナウイルスワクチン接種率(1回目)が8月末時点で20%台にとどまっていることが6日、県の調査で分かった。8月には20代を中心に感染が急拡大。県は若者に早期のワクチン接種を改めて呼び掛けている。

 県内での年代別の1回目ワクチン接種率と新規感染者の割合は表の通り。

 今年4月に接種が始まった高齢者を含む60歳以上の接種率は89・90%に達したのに対し、15~19歳は22・45%、20~24歳は29・76%と3割に満たない。若くなるほど、接種率は低い傾向にある。

 県全体の接種率(5日時点)は1回目が61・00%、2回目は47・81%。

 8月の新規感染者の対人口比は20~24歳が最も多い0・69%。年代別の感染割合と接種率はほぼ反比例の関係にある。

 8月1日~9月2日の重症者65人のうち、8割を超える53人がワクチン未接種者だった。1回目接種済みは4人、2回接種後2週間が経過して陽性が判明した「ブレークスルー感染」は2人。

 県によると、1回でもワクチンを打った50歳未満は重症化していない。

 県は若者の接種を進めるため、JR仙台駅東口のビルに設置した大規模接種会場に6日、16~24歳限定の「U-25限定接種枠」を設けた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る