青森県代表、センバツへの道ピンチ コロナで地区大会中断のまま

秋季高校野球東北大会の会場の一つとなっている青森市営球場

 来春の選抜高校野球大会への出場校を決める秋季東北地区大会に、青森県の代表校が出場できない可能性が出ている。新型コロナウイルス感染急拡大を受けて青森県が打ち出した独自の緊急対策によって、地区予選が中断したためだ。青森は東北大会の会場にもなっており、他県の代表校への影響も心配されている。

 県は8月末、県内での移動自粛要請や県有施設の休館などを盛り込んだ「緊急対策パッケージ」(9月1~30日)を発表。部活動に関しては対外試合を含めて全て禁止し、全国大会につながる大会開催も中止や延期を要請した。

 これを受け、県高野連は開催中だった県大会地区予選を中断。そのため6地区のうち4地区で、11日に始まる予定だった県大会出場校が決まっていない。

「特別扱いできない」

 県高野連によると、県教委に制限緩和を求めたが「野球だけを特別扱いできないと断られた」という。県教委スポーツ健康課は「大会の中止や延期は、あくまで主催団体に対して検討を求める『お願い』であり、強制ではない」と強調する。

 青森を除く東北5県を含め、全国の都道府県では、無観客など感染対策を徹底した上で大会開催が認められた。緊急事態宣言が発令された宮城でも、地区予選で決勝を行わないなど試合数を減らす措置を講じて県大会を予定通り実施する。

 代表2校を決める東北大会は10月7日から、青森市営球場などを会場に行われる予定。青森県の緊急対策が9月末まで続けば、日程的に青森の代表校選出は間に合わない公算が大きい。

 青森県高野連は7日、地区予選と県大会を10月以降に延期して開催する方針を決定。東北地区高野連は東北大会の日程や開催場所の変更も視野に協議を続けるという。

 青森県内の強豪野球部の指導者は「決められたものに従うしかないが、青森だけ(大会が)進んでいないのはなんとも言えないものがある」と話す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る