水上自転車、湖面をスイスイ 長井ダム湖で体験ツアー

湖面を自由に進み、水上自転車を楽しむ参加者=9日、長井市

 山形県長井市の長井ダム湖「ながい百秋湖」で9日、水上自転車を楽しめるツアーが始まった。企画・運営する市内の一般社団法人「やまがたアルカディア観光局」によると水上自転車の体験ツアーは東北で初めて。

 水上自転車には長さ約3メートルのフロート(浮き)が両側に付いており、ペダルをこいで車体後方のスクリューを回転させる仕組みだ。前後いずれにも進め、安定感がある。ライフジャケットを着用して1人で乗り、湖面を約45分間、自由に巡る。

 初日は、東京五輪・パラリンピックのホストタウン事業などに約3年間従事した市スポーツ国際交流員ロジャーズ・バハティさん(36)ら4人が参加。大会閉幕に伴い17日に出身国タンザニアへ帰る予定のバハティさんは「景色も素晴らしく、滝も見られて良かった。長井での最後のいい思い出になった」と話した。

 ツアーは要予約。1日5回あり、各回の定員は4人。料金は1000円。10月28日までに8日間予定されており、予約状況により日程追加を検討する。同観光局のサイトから申し込む。連絡先は野川まなび館0238(87)0605。

やまがたアルカディア観光局
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る