閉じる

宮城ひとめぼれ1万円割れ 21年産概算金、コロナで需要減

 全農宮城県本部は10日、県内各農協に支払う2021年産米の概算金を決めた。主力品種のひとめぼれ(60キロ、1等米)は20年産比3100円(24・6%)減の9500円。新型コロナウイルスの影響で業務用米の需要が落ち込み、20年産米の在庫が積み上がっている事情などを踏まえた。1万円割れは米価が急落した…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ