閉じる

住宅再建 2割が市外 気仙沼、東松島の被災者 都市部への流出加速

 今年4月に締め切った東日本大震災の被災者生活再建支援金(加算支援金)で、宮城県気仙沼、東松島両市から市外に住宅再建を申請した世帯が2割弱に上ることが、両市のまとめで分かった。ともに市外再建先は仙台市が最多。被災後に都市部の「みなし仮設住宅」に入居したことや復興の長期化が背景にある。震災が大都市への…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ