閉じる

復興拠点の準備宿泊延期へ 福島・大熊、線量下がらず追加除染必要に

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県大熊町の帰還困難区域のうち、来春の避難指示解除を目指す特定復興再生拠点区域(復興拠点)で、10月に予定していた住民の準備宿泊が延期されることが明らかになった。

 放射線量の高い地点が複数箇所残っているためで、町は避難指示解除のスケジュールは変えず、年内の準備宿泊開…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ