江戸後期の仙台の町並み鮮明に 地元出版社が「城下絵図」復刻

 仙台市宮城野区の出版社「風の時編集部」は、市博物館(青葉区)が所蔵する1789(寛政元)年ごろ作成の「仙台城下絵図」の復刻版を販売している。市内の街歩きに役立つ古絵図シリーズの第5弾で、江戸時代後期の城下の町並みや侍屋敷、寺院などが鮮明に描かれている。

 復刻版は縦73センチ、横103センチ。折り畳…

残り 572文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ