FAQ

コロナ「第5波」に直面、東北大病院の今 半年以上入院の患者も

 新型コロナウイルスの「第5波」で、宮城県は重症者の増加に直面している。治療の最前線に立つ東北大病院(仙台市青葉区)集中治療部副部長の志賀卓弥医師(43)は、河北新報社のオンライン取材に「治療は非常に長引く。半年を経ても入院が続く患者もいる」と実情を明かした。
(報道部・末永智弘)

 東北大病院は県内で…

残り 736文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る