先発早川の粘りが鍵 きょうからオリと3連戦

キャッチボールで球筋を確認する早川

 東北楽天は14日から仙台市の楽天生命パーク宮城で2位オリックスとの3連戦に臨む。3ゲーム差の3位で追う相手とのカードは上位争いで食らい付くための正念場となる。初戦に先発する早川は「シーズンは残り少ない。(オリックスには)勝って、いいイメージをつけるのが大事」と意気込みを語った。

 13日は同球場で先発陣の練習があり、早川は2、3戦目の登板が見込まれる滝中、則本昂らとキャッチボールなどで汗を流した。

 後半戦は登板4試合で2敗と勝ち星をつかめていない。前回登板の7日の日本ハム戦は要所で踏ん張れず5回4失点で降板。今季初めてバッテリーを組んだ炭谷から試合後、「腕をしっかり振って投げてこい」との助言を受けたという。

 オリックス戦は登板4試合で1勝2敗と負け越しているが、防御率3・08と相性は悪くない。相手先発はチームが今季2戦2敗、無得点に抑えられている難敵の宮城。早川が粘り強く投げ、ロースコアの勝負に持ち込めるかが鍵になる。

 東北楽天は前カードで首位ロッテに3連敗を喫し、この3連戦での巻き返しを期す。左腕は「勝たないといけないプレッシャーが強い。気持ちで立ち向かっていく」と必勝を誓った。

東北楽天の今節のカード
9・14 火 オリックス  18:00 楽 天
  15 水 オリックス  18:00 楽 天
  16 木 オリックス  18:00 楽 天
  18 土 ソフトバンク 14:00 楽 天
  19 日 ソフトバンク 13:00 楽 天
  20 月 ソフトバンク 13:00 楽 天
  22 水 西 武    17:45 メット
  23 木 西 武    14:00 メット
  24 金 オリックス  18:00 京セラ
  25 土 オリックス  14:00 京セラ
  26 日 オリックス  13:00 京セラ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る