18日の宮城、大雨に警戒を

 低気圧が発達しながら秋田沖から三陸沖に進む影響で、宮城県内は18日、雷を伴って多いところで1時間に40ミリの大雨となる可能性がある。本州を横断する台風の影響で雨脚が強まる可能性があり、仙台管区気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、18日朝に秋田沖で低気圧が発生し、発達しながら同日夜にかけて三陸沖へ進む。17日午後7時前に福岡県に初上陸し、19日にかけて関東の南の海上に進む台風14号から、暖かく湿った空気が流れ込むため、雨量が多くなる見通し。

 24時間の降水量は宮城県内の多いところで、18日午後6時までに120ミリ。18日の県内の最大風速は、海上で15メートル、陸上で13メートル。最大瞬間風速は海上、陸上ともに25メートル。波の高さは3メートルと予想されている。

豪雨・台風
豪雨・台風
津波・豪雨・台風

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る