(74)まんじゅしゃげ勇気出すたび傷付いて/こしの ゆみこ(1951年~)

 悩むのは生きている証拠だなどと言われても何の慰めにもならないが、つらいときにこの句を思い出すと励まされる。他の人には何でもないようなことが、自分にはとても勇気のいることがある。傷付くことがあるとしても一歩踏み出したい、本当の自分を出したい、人生はその繰り返しだ。一本の細い細い真っすぐな茎の先端に深紅の花を咲かせる曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。人は弱さや痛みを知ることで、生きてゆく強さが生まれると言っているようだ。句集『コイツァンの猫』より。(永瀬十悟)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
秀句の泉

 「秀句の泉」は、俳句の魅力を伝えます。執筆は俳人の永瀬十悟さん(福島県須賀川市)、浅川芳直さん(宮城県名取市)、及川真梨子さん(岩手県奥州市)の3人。古典的な名句から現代俳句まで幅広く取り上げ、句の鑑賞や季語について解説します。

企画特集

先頭に戻る