(76)霧の夜のわが身に近く馬歩む/金子 兜太(1919~2018年)

 霧のベールは街や人を覆い、その存在を神秘的なものにさせます。私のそばには馬がいますが、私が馬を引いているのか、ただ寄り添い歩いているだけなのかは示されていません。目からの情報を遮断された中では、馬の筋肉の躍動や肌に感じる温かさ、自分よりもはるかに大きい生き物としての気配が浮き立ってきます。かつて馬は農耕や移動の手段として私たちの生活に密着し、近しい存在としてありました。その息遣いが霧の中で迫ってきます。句集『少年』より。(及川真梨子)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
秀句の泉

 「秀句の泉」は、俳句の魅力を伝えます。執筆は俳人の永瀬十悟さん(福島県須賀川市)、浅川芳直さん(宮城県名取市)、及川真梨子さん(岩手県奥州市)の3人。古典的な名句から現代俳句まで幅広く取り上げ、句の鑑賞や季語について解説します。

企画特集

先頭に戻る