閉じる

風穴使って地酒熟成 山形の酒造関係者、明治期の遺構に注目

 山形県白鷹町の酒造関係者らが町内の山中にある風穴(ふうけつ)で地酒を熟成させ、「風穴貯蔵酒」として新たな価値を加えようと試みている。明治-昭和期に地元の人々が養蚕業に使った遺構を保管場所として活用。将来は風穴へのトレッキング体験などと併せ、地酒を広く楽しんでもらいたい考えだ。

深さはおよそ4メートル…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ