FAQ

感染者情報を市職員が不正閲覧 秋田県横手市、7人を訓告

 秋田県横手市は25日、新型コロナウイルスに感染した市民1人の個人情報を市職員7人が住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)を使って不正に閲覧していたと明らかにした。市は7人を訓告、上司4人を厳重注意とした。

 市によると昨年度、4地域局の職員7人が勤務時間中、住基ネットに登録された氏名や生年月日、住所…

残り 190文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る