ミジンコ、「死んだふり」で捕食回避 東北大グループ報告

 水生生物のミジンコが天敵のヤゴ(アキアカネの幼虫)からの捕食を逃れる際に「死んだふり」をすることが、東北大研究グループの調査で分かった。泳いで逃げるより生存率が高まることも判明。研究グループは「ミジンコ以外の多くの水生生物が、生存戦略として利用している可能性がある」と指摘する。

 研究グループはミジンコの仲間のマルミジンコ(体長0・3~0・5ミリ)がヤゴに襲われる様子を観察。ヤゴの襲撃を逃れた153匹を対象に、逃避行動の種類別に生存率を比較した。

 ヤゴの最初の攻撃を泳いで逃れたのは59匹。このうち13匹が2度目の攻撃で捕食された。残る94匹は数秒から数十秒にわたり全く動かない「死んだふり」を選択し、ヤゴの2度目の攻撃で捕食されたのは4匹にとどまった。

 研究グループの1人で大学院生命科学研究科の山田紗友美博士研究員(生態学)は「ヤゴは視覚でなく、かすかな水流の変化を感じてミジンコを襲う。今回の調査で、視覚に頼らない天敵に対して『死んだふり』が有効だと確認された。他の水生生物の行動解明にもつながる」と話す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る