ニタリクジラの生肉、2年ぶり上場 宮城県内で販売

ニタリクジラの生肉の肉質を確認する仲買人ら=28日午前6時5分ごろ、仙台市中央卸売市場

 三陸沖で捕獲されたニタリクジラの生肉1170キロが28日、仙台市中央卸売市場(若林区)で競りにかけられた。商業捕鯨再開後、ニタリクジラの生肉の上場は2年ぶり2回目。

 早朝、多くの仲卸業者が競りに参加し、市場は活気づいた。水産卸の仙台水産(仙台市)と仙都魚類(同)によると、代表部位の赤肉は1キロ当たり1000~7000円で、冷凍物の4倍近い価格が付いた。希少部位の尾肉は、最高10万円で取引された。

 商業捕鯨で国内唯一の沖合操業に取り組む共同船舶(東京)が捕獲した。競りを見届けた一般社団法人日本捕鯨協会(同)の山村和夫理事長は「今が旬で脂の乗りがよい。新鮮なクジラ肉をぜひ刺し身で味わってほしい」と話した。

 生肉は28日から仙台、石巻両市をはじめとした県内のスーパーなどで販売される。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る