宮城は2日未明まで雨も 台風16号北上、海上は大しけ

1日午後6時現在の台風16号の進路予想図。赤い円は暴風域、黄色い円は強風域(気象庁ホームページから)

 大型で非常に強い台風16号の影響で、1~2日は関東や東海、東北などで暴風や大雨となる恐れがある。仙台管区気象台は宮城県に土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、高波や高潮に注意を呼び掛けている。

 気象台によると県内は1日、台風16号や湿った空気の影響で雨が続く。海上はうねりを伴い、2日にかけて6メートルの大しけとなる予報。2日は湿った空気や寒気の影響で曇り。東部は未明まで雨の降るところがあるが、次第に高気圧に覆われて晴れる見込み。

 気象庁によると、1日午後6時現在、台風16号の中心気圧は950ヘクトパスカルで千葉県銚子市の東南東約240キロを北東に進む。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径280キロの範囲で風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 台風16号は大型で強風域が広く、勢力が非常に強いため、中心から離れていても大雨や暴風の被害が出る恐れがある。

豪雨・台風
台風・竜巻

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る