【特集】小さな書店放浪記 vol.6 こどものほんのみせ ポラン

児童書が2000冊並ぶ店内
ポラン開店前日に訪れた米国の世界的絵本作家エズラ・ジャック・キーツさん。「来日中であることを野本さんが知り、つてをたどって来店していただきました」と増田さん

 ネット書店が普及する中、独自の品ぞろえや地域に根差した活動で存在感を発揮し、営業を続ける書店がある。店舗は小さくても味わいは深い。そんな仙台市内の書店を訪ねた。

児童書の老舗 志受け継ぐ

 JR東北線沿いの住宅地に店を構える「こどものほんのみせ ポラン」は、1977年11月に開業した児童図書専門店の老舗だ。青葉区立町、支倉町、中央4丁目と移転し2019年、現在地へ。

 「前は2・5坪しかなかったから『日本一狭い本屋』を自称していたけど、広くなっちゃって」と笑うのは店主の増田家次子(かじこ)さん。現在の広さは約20㎡。小上がりもあり、居心地がいい。

 「こどものとも」「たくさんのふしぎ」のバックナンバー、名作「スーホの白い馬」、仙台出身の絵本作家とよたかずひこさんの本などがずらりと並ぶ。好きな本を集めるように品ぞろえしているのだとか。

 ポランを開いたのは、仙台で児童図書の普及に努めた野本和子さん(1990年死去)。増田さんがその志を継いだ。子どもの幸せを願い続けて来月で44年になる。

仙台市宮城野区東仙台1-24-37
営/10:00~17:00
休/水曜

(河北ウイークリーせんだい 2021年10月7日号掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る