デスク日誌(10/6):公 式

 ウェブサイト「河北新報オンラインニュース」を担当するコンテンツセンターの発足から半年。新聞という紙の媒体とは性質の異なるメディアに、驚きや新たな気付きの連続の6カ月でもあった。

 この間に出合った数々のフレーズの中でも、とりわけ印象に強いのが「読まれる公式」だ。事あるごとに口にしているため、センターの同僚はあきれているかもしれない。それでも、ウェブメディアの特性を物語る名句なので紹介したい。

 同業他社によると、記事や見出しは「関係人口」が多く、読者の「感情」を揺さぶるほど読まれる。二つの因数からなる「関係人口×感情」こそ読まれる公式というわけだ。

 オンラインニュースで公開する記事を選択し、ウェブ用の見出しを考えるデスク作業の最中、この公式が頭をよぎる。判断が妥当かどうか迷った際、頼りにする道標としている。

 もっとも関係人口が少ないと分かっていても、広く読まれてほしくて、あえて公開する記事もある。「読まれる」「読んでほしい」のバランスが肝要で、さじ加減が難しい。(コンテンツセンター部次長 佐々木篤)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る