河北抄(10/6):新型コロナウイルスのまん延防止重点措置が…

 新型コロナウイルスのまん延防止重点措置が解除されて最初の週末、久々にライブへ足を運んだ。仙台市の電力ホールであったジャズピアニスト大野雄二さん率いる『ルパンティックシックス』。

 ウイルス対策のためチケットの半券に名前と連絡先を書き、検温と消毒を済ませいよいよ開演。大野さん作曲のアニメ『ルパン三世』のナンバーが次々と演奏された。リバウンド防止徹底期間なので観客は大声を出しては駄目。きちんとマスクを着けてルパンジャズを楽しんだ。

 「大変なときにありがとう。声は出さずに拍手で盛り上げてください!」とMCも担当するギターの和泉聡志さん。5月で80歳になった大野さんは「仙台に泊まりたかったけど日帰り。牛タン弁当を食べながら帰ります」と笑わせた。

 アンコールはNHK『小さな旅』のテーマ曲を叙情豊かなピアノソロで。ライブの中止や延期が相次いだといい演奏後のツイッターでは「会場の熱気で久しぶりに熱くなった! ライブはイイもんだな」。手拍子だけでも盛り上がりは十分。コロナ前の日常が少しよみがえった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る