山あいの民家、解体進む 丸森・五福谷地区<復興へ歩む・台風19号2年>

2021年10月4日

 台風19号豪雨から12日で2年がたつ。土砂崩れや河川の氾濫で大きな被害が集中した宮城県丸森町と大崎市鹿島台、大郷町の現場を上空から撮影し、被災当時の写真と比べて復興の状況を見た。(写真映像部・佐藤将史)

 丸森町役場から約2キロ南の山あいにある五福谷地区は、阿武隈川支流の五福谷川沿いに約100戸が点在していた。この2年で民家が次々と消え、広い更地が目立つようになった。

 台風19号の豪雨で、普段は流量の少ない川の橋の欄干に大量の流木が引っ掛かって詰まり、濁流が堤防を破って住宅地に流れ込んだ。

 あふれ出た泥水は川沿いの民家1階部分を土で埋めた。住めなくなった住宅は取り壊され、跡地に門柱や塀の土台だけが残る場所も。ひしゃげたガードレールは電柱に絡みついたままだ。

 町は公費による解体を進め、川の東側に集団移転する住民もいる。町全体では、公費解体で280戸が取り壊しを終えた。

上空から見た五福谷地区の今
2019年11月11日

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る