気になる症状 すっきり診断(110) がんの痛みとフェノールブロック/注射1回で長期間除痛

イラスト・叶  悦子

◎麻酔科 山内 正憲 教授

 痛みは原因や病気が何であれ、つらく切ないものです。原因ががんの場合、病気そのものへの不安はあるでしょうが、さまざまな鎮痛方法により痛みのコントロールはかなり改善しています。

 鎮痛薬の使い分けとして、炎症や腫れた患部には抗炎症薬、副作用が少なく子どもにも使えるアセトアミノフェン、そして強い痛みには麻薬を使います。他には神経周囲の病変でしびれるような痛みに特異的な薬、冷えや体力低下を伴う痛みに漢方薬を用います。しかし、鎮痛薬は全身に作用するため、肝機能や腎機能の低下、副作用の眠気などによって、痛くても量を増やせない場合もあります。

■神経だけに作用

 麻酔科(ペインクリニック)で行っている神経ブロックは、痛む部位の神経だけに効果があるので全身に影響せず、鎮痛薬を減らすことができます。適応症状の一つに直腸がんによる肛門痛や会陰部の痛みがあり、手術直後の強い痛みや退院後に続く鈍くて不快な痛みが対象です。

 直腸に限らず腹部の手術後は、手術創や内臓からの強い痛みがあります。痛みの神経が集まる脊髄の近くに細いカテーテルを留置して、局所麻酔薬と少量の麻薬を投与する硬膜外ブロックという方法で、一定期間は手術後の強い痛みを除去できます。とても効果的で、創部の血流改善、呼吸や血圧の安定、歩行などのリハビリテーションにも良い影響が証明されています。

 一方、直腸がんやある種の子宮がんなどは、治療後も痛みだけが長く続くことがあります。鎮痛薬では除痛が不十分な患者さんに対して、私たちの外来ではフェノールという薬を脊髄の近くに投与する神経ブロックで、快適な生活へのサポートをします。

■数分間で終わる

 フェノールは局所麻酔薬と違い、神経を固まらせることで、1回の注射で痛みを長期間除去できる強力な薬です。安全のため、まずは通常の局所麻酔薬でブロックを行い、鎮痛効果が十分で副作用がないことを確認します。その次にフェノールブロックに進みます。会陰部の神経をブロックする際、その近くの排便・排尿機能や足の神経に作用しないように慎重に行っています。注射自体は数分で終わるため、他院に入院中でも外来でも治療を行うことができます。

 神経ブロックは一定以上の技術と安全管理が必要です。フェノールブロックは、胸部の痛みや会話すらできないような三叉(さんさ)神経痛にも適応できますので、主治医とご相談をして受診してください。

河北新報のメルマガ登録はこちら
医療最前線

「健康講座」では、宮城県内各医師会の講演会や河北新報社「元気!健康!地域セミナー」での講座内容を採録し、最新の医療事情と病気予防対策を分かりやすく伝えていきます。リレーエッセー「医進伝心」もあります。

企画特集

先頭に戻る