砂防ダム、来年3月完成 丸森・薄平地区<復興へ歩む・台風19号2年>

2021年10月4日

 台風19号豪雨から12日で2年がたつ。土砂崩れや河川の氾濫で大きな被害が集中した宮城県丸森町と大崎市鹿島台、大郷町の現場を上空から撮影し、被災当時の写真と比べて復興の状況を見た。(写真映像部・佐藤将史)

 丸森町の山あいにある薄平地区は、台風19号で洪水と土砂崩れの二重の災害に見舞われた。地区を流れる五福谷川が流路を変えて民家を襲い、裏山からの土石流が集落を覆った。

 町道が寸断され、一時孤立状態となった地区では、7軒あった住宅のうち5軒が取り壊された。崩れた山の麓には砂防ダムの建設が進む。

 4月に着工したダムは高さ最大8メートル、全長99・5メートル。約4300立方メートル流れ出た現場の土砂とセメントを混ぜて部材に使い、来年3月に完成する予定だ。

 現地に残ったうちの1軒は自動車整備工場を営む。仮設住宅から通いながら経営する男性は「土砂で傾いた工場を修繕し、やっと再開できた」と前を向く。

上空から見た薄平地区の今
2019年11月11日

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る