B2仙台、きょうからアウェー佐賀戦

実戦形式の練習でバーレル(24)をマークする荒尾(25)

 B2仙台は9日から佐賀市のSAGAプラザで佐賀との2連戦に臨む。8日は仙台市のHALEOドームで約1時間半、最終調整した。

 187センチの大型ポイントガード、ガルシアら高さで分がある佐賀に対し、仙台は外国籍選手2人とパワーフォワード荒尾が同時に出場することを想定して連係を確認した。藤田監督は「ターンオーバーに気を付け、いかにリバウンドを取れるかが鍵になる」と説明した。

 今季初勝利を飾った3日の福島戦で15得点と活躍した神里は「相手は切り替えの速い展開で攻めてくる。全員で守りたい」と語った。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る