閉じる

「百貨店画廊」山形に復活 元外商部長、市中心部に開設

 2018年1月に閉店した山形市の百貨店「十字屋山形店」の元外商部長が、市内の別の百貨店だったビルにギャラリーを開設した。当時取引のあった美術関係者の協力を得て、全国の絵画や宝飾品などの展示、販売を行う。昨年1月の「大沼」旧山形本店の閉店で、山形県から百貨店が姿を消した。失われた文化を形を変えて再興…

残り 656文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ