衆院福島5区、立民鳥居氏が出馬見送り 野党候補一本化で

 19日に公示される衆院選(31日投開票)で、福島5区に立憲民主党公認で立候補を予定していた元福島県議の新人鳥居作弥氏(47)は9日、同選挙区での立候補を取りやめると明らかにした。

 いわき市で同日開いた後援会の会合で立候補取り下げの意向を表明。終了後の取材に「党幹部から全国の情勢を聞き、支援者の意見も聞いて判断した。悔しい思いはあるが、差し迫った選挙の中で自分の責任を果たしていく」と述べた。

 福島5区には自民党現職の吉野正芳氏(74)、共産党新人の熊谷智氏(41)が立候補する見通し。立民、共産などの野党は候補者を一本化する方向で最終調整していた。

 これを受けて同じく野党間の候補者調整の対象となっていた福島2区は、共産党新人の平善彦氏(69)の立候補取りやめが確実となった。立民党新人の馬場雄基氏(28)が野党統一候補となり、自民党現職の根本匠氏(70)に挑む。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る