閉じる

<耕論・宮城知事選/コロナ禍の1年7カ月>試行錯誤の中、行動と発言に賛否

 村井嘉浩宮城県知事の4期目後半は新型コロナウイルス対策に追われた。未知のウイルスに先手を打つ場面も、賛否が割れた言動もあった。「知事人生で最も悩んだ」と本人も認めるように、感染の波に応じて試行錯誤を繰り返した1年7カ月を振り返った。

 県内初の感染者が確認されたのは2020年2月29日。緊急事態宣言…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ