デスク日誌(10/10):スムーズに

 タクシーの配車アプリを使った。目的地を入力し、指定した乗り場に行く。間もなくスマートフォンに表示されたナンバーの車がやってきた。運転手に画面を見せて目的地へ。所用をスムーズに済ませられた。

 整理部では、政治や経済、国際の「硬面」担当と、社会やスポーツの「軟面」担当に分けている。また、大型イベントを乗り切るために混成チームも設ける。デスクを中心にベテラン部員が引っ張る。

 ただ、仕事をスムーズに進めたくても「目的地」が定まらない場面がある。1年延期となった東京五輪もその一つ。「大会中止」がささやかれる中、黙々と作業。部員は2年以上も準備を続けた。

 現在、奮闘しているのが選挙チーム。春先から「衆院解散」に備えてきた。投開票日が予想より早まり、一気にアクセル全開の状態だ。

 こちらはというと、この時期恒例の正月紙面の準備を進めながら、部員の作業を見守る。数カ月先の紙面のことを考えていると、急に呼び戻される。頭がスムーズに働かない。乗り遅れないようにと気を引き締める。
(整理部長代理 古里直美)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る