河北抄(10/12):十五夜(旧暦8月15日)の月見をしたら、…

 十五夜(旧暦8月15日)の月見をしたら、十三夜(旧暦9月13日)も見なければ、「片見月」と言って無粋とされる。「後の月」とも呼ばれる十三夜。今年は来週の18日。どうぞ、お忘れなく。

 月に人類が初めて到達したのは1969年。米国のアポロ計画が実を結んだ。これを語源に、実現は困難だが大きな成果をもたらす壮大な研究、挑戦を「ムーンショット」と呼ぶ。

 ムーンショットにちなみ名付けられたのが「タイフーンショット」だ。無人飛行機で台風の目にドライアイスなど冷却物質を大量に投入し、勢力を弱める。海では無人船が風力で発電をする-。

 産学で取り組み、2050年の実現を目指す。チームリーダーである筆保弘徳横浜国大教授の講演をネットで見た。「台風を制御し脅威を恵みに変える。無人飛行機、船を建造できれば日本のものづくりの復権にもつながる」と強調する。

 <稲懸けて里しづかなり後の月 大島蓼太>。野分に乱されぬ秋を人の手でつくり出せるか。計画の実現を月に祈る。

 きょう12日で台風19号豪雨から2年。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る