【特集】ピザ収穫祭 vol.1 ピッツェリア エ オステリア パドリーノ

 キノコやナス、シャインマスカットやサンマ…。街のピザ店では秋の食材を使ったピザが競うように登場している。そんなバラエティー豊かなピザのほんの一部をご紹介。出来たて熱々を店で味わうもよし、持ち帰り家族で楽しむもよし。さあ秋の恵みを堪能しよう。

秋限定 「窯焼き安納芋と海老のクリームピッツァ」
シャインマスカットと生ハムのクアトロフォルマッジ

塩味と爽やかな甘さが調和

 秋の新作「シャインマスカットと生ハムのクアトロフォルマッジ」(イートイン・テークアウトとも2900円)が登場。国産シャインマスカットとイタリア産生ハム、さらにゴルゴンゾーラやアジアーゴなど4種のチーズを使った意欲作。

 シャインマスカットと生ハム、水牛のモッツァレラは焼き上げた後に載せる。口の中ではじける果汁の爽やかな甘味とチーズ、生ハムのこく深い塩味が絶妙なハーモニーを奏でる。

 ピッツァイオーロ(ピザ職人)の三橋亨さんは「ナポリピザの伝統的な作り方を守りながら新しさを追究したい」と食材の意外な組み合わせに挑み続ける。表紙に登場した「窯焼き安納芋と海老のクリームピッツァ」(イートイン・テークアウトとも2200円)は、安納芋と魚介が織りなす一体感が楽しいという。いずれのピザも11月中旬まで提供予定。

Pizzeria e Osteria PADRINO
(ピッツェリア エ オステリア パドリーノ)
仙台市青葉区二日町17-31 プレシャス二日町1階
営/11:30~15:00、17:30~22:00
休/火・水曜
問/TEL022-290-1138

Pizzeria e Osteria PADRINO

Photo by 鈴木 信敏

(河北ウイークリーせんだい 2021年10月14日号掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る