宮城知事選きょう告示 現新2氏の対決か

 任期満了に伴う宮城県知事選は14日、告示される。ともに無所属で、5選を目指す現職村井嘉浩氏(61)、元石巻市包括ケアセンター長で医師の新人長純一氏(55)が立候補を予定し、現新の対決になる見込み。前回(2017年)に続き、衆院選(19日公示)と同日選となった。投開票は31日。

 村井県政4期16年の評価が最大の争点。東日本大震災からの復興で残る課題や新型コロナウイルス対策に加え、村井氏が4期目に主導した東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働への地元同意、水道事業の「みやぎ型管理運営方式」、仙台医療圏4病院の再編方針を巡る論戦も交わされる見通し。

 村井氏は経済戦略「富県宮城」の推進や復興完了を見据えた被災地支援、福祉・教育に注力する姿勢を打ち出す。自民、公明両党の県議が支援し、自主投票を決めた立憲民主党系会派の県議の一部も応援に回る。衆院選に出馬する自民候補とも連携を強める。

 長氏は「対話基調の県政」を掲げ、医療・福祉重視の県政への転換を主張。コロナの療養体制強化、子育て支援の拡充も掲げた。立候補を要請した市民団体を軸に、立民や共産党など野党系県議が共闘態勢を構築し、村井県政に疑問を抱く層への浸透を狙う。

 13日現在の有権者は192万8886人。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る