閉じる

列車と野生動物衝突、最多955件 東北・16年度の3倍

 東北のJR東日本各線での列車と野生動物の衝突が、2020年度は計955件と、16年度の統計開始以降最多となった。JR東はさまざまな対策を講じているが件数は増え続ける一方で、16年度の3倍近くに達した。専門家は「人間が山を利用しなくなったことで野生動物の移動が容易になり、生息域が拡大している」と指摘…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ